_

関連

無料ブログはココログ

書籍・雑誌

才能の科学

 結論的に一言で言ってしまえば、「努力は才能を凌駕する」という本です。
 ただ、やっぱり天才はいるよね。たぶん。本書を読み終えた今でもそう思います。
 ただし、努力なしの天才は存在しないのかもしれない。とは思いました。あのイチロー選手だってこう言っています。
「努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。」
 ただ、本書が語るのはそういうことではありません。なんと、多くの場合、「努力は才能を凌駕する」らしいのです。まさか、と思うけれど、それが「まさか」ではないことが、さまざまなエピソード、事実とともに明らかにされていきます。
 マルコムグラッドウェルの「天才!」にもあったように一つの鍵は10000時間のトレーニングでした。でも、10000時間、ただ車の運転をしても、カーレーサーにはなれません。レベルと目的に見合ったトレーニングが必要となります。
 そして信じる力も大切です。プラシーボ効果なんて言葉がここで出てくるとは思いませんでした。
 さらに、必要なのは、望まぬ結果となった時の受け入れ方。ダブルスタンダードを効果的に活用します。ある意味ではずるく立ちまわるということもできるでしょう。でもそれが精神的な健全性を保ちながら、次の試練に立ち向かうエネルギーを燃やすことに大きく貢献するということでした。
 トレーニングの大切さについては30年以上前、僕が学生時代の頃、King of Skiと言われた荻原健司氏が雑誌numberのインタビューで答えていたのが今でも印象に残っています。
 それは、(正確な文言は失念しましたが)双子の弟次晴氏と遺伝子的には全く同じで、一緒に同じトレーニングを積んできたのに、成績に大きな違いがあるのはなぜなのか、という問いに対しての答えでした。「自分は全ての練習のメニューにおいて、試合のどの場面でどのように応用できるのかを考察し、想定しながら練習をしてきた。音楽を聴いたりしながらメニューをこなすだけの選手と結果に差が出るのは当然だ。」というような内容でした。努力の質が大切なのですね。
 今から頑張っても遅いのだろうけれど、「あきらめたらそこで試合終了ですよ」と心に念じながら頑張ろうと思いました。
 そして、若い人たちが頑張れる場を作るのも自分の仕事かな、と思いました。

海の見える病院

 今年は正月から大きな地震があったので、10年ほど前に読んで印象深かった「海の見える病院」を、本棚から引っ張り出してきて再読しました。
 2011年3月11日、東日本大震災の日、宮城県石巻市の市立雄勝病院は大津波に襲われました。本書によれば、院内には40人の入院患者と28人の職員がいたと考えられていますが、助かったのはたったの4人。そこで犠牲になった職員、その家族を丁寧におったドキュメントです。
 震災当日の出来事は壮絶です。そして、生き延びた方々、亡くなった職員と家族のストーリーなどが語られることで、災害がよりリアルなものとして感じられます。様々な状況があり、生き延びた人も、その場にいなかった人も皆、それぞれの思いがあることを理解したつもりです。何がいちばん正しいのか、どうすべきだったのか。本当にわからない。そう思います。
 そうした中、最後まで患者さんと寄り添った職員の方々の行動には、同じ医療の職にあるものとして、襟を正される思いです。
 今回の能登半島地震でも多くのストーリーがあったのだろうと思いました。
 改めて、自分のできることと防災について考えることを、日々、少しずつでもやっていきたいと思いました。

「きしむ政治と科学」「1100日間の葛藤」

1100日間の葛藤 新型コロナ・パンデミック、専門家たちの記録」と 「きしむ政治と科学 コロナ禍、尾身茂氏との対話 」を読みました。

 「1100日の葛藤」は新型コロナウイルス感染症対策分科会長であった尾身茂氏の手記です。
 「きしむ政治と科学」は2021年4月から2023年2月まで、計12回、24時間以上にわたって行われたインタビューをもとにして書かれたものです。
 「1100日の〜」では、今から当時を振り返って、巻末の50ページを超える資料を含め、2020年の年明けから2023年7月末までの経過が根拠とともに記載されています。この間に分科会から提出された、100を超える提言がその時々の状況で、どのような理由からなされたのか、どのような批判があったのか、政府の対応がどうだったのかなどについて(恐らく)理性的に語られています。そしてそこから、専門家の提言と政治家による政策の間にはどのような関係があるべきか、が議論されます。
科学と政治がせめぎ合うとき、専門家の提言に対する政府の対応の仕方には三つのポイントがあると指摘しています。
具体的には以下のようなものです。
1)専門家が述べる医学的・技術的見地からの意見や提案を聞いた上で、政府は社会経済の状況や国民感情、財政事情なども総合的に勘案して最終的な決断を下す。
2)政策決定が科学的助言と相反する場合には、政府はその理由を公式に説明したり、その根拠を正確に提示したりする。
3)未知の感染症の対策についての科学的根拠は常に存在するわけではない。従って専門家は情報や根拠が限られている場合でも一定の見解(エキスパートオピニオン)を提示する。
そして、この三つのポイントを踏まえ、専門家の提言に対して政府がとった対応には次の6つのパターンがあったといいます。
パターンA:専門家が提案し、政府が趣旨を理解した上で採用した。
パターンB:提言が採用されたが、実行が遅れた。
パターンC:提言の趣旨が理解されなかった。
パターンD:専門家が提案したが、政府が採用しなかった。
パターンE:専門家と協議せず政府が独自に打ち出した。
パターンF:専門家は相談されていないのに相談したと政府が言って進めた。
そこには色々な思いがあっただろうと思います。
一方、インタビューをもとにする「きしむ〜」では、デルタ株やオミクロン株の出現といった移りゆくpandemicの状況と、緊急事態宣言、GoToキャンペーン、オリンピックなどの政治・社会情勢との間で苦しい胸の内が語られています。
「私は、これまで、提言を実現させるため、政府と交渉する役割も担ってきました。専門家は机上の空論、まったくの理想論を提案しても意味がないと思っています。それには批判もあるようですが、できもしないことを言っても自己満足でしかありません。だから、政府が頑張ればできるところを提案してきたつもりです。」
2冊の本を読むことで、殺人予告までされながら、歴史の審判にも耐えうる判断、提言、行動をしようとした尾身氏をはじめとする専門家の方々の覚悟を感じることができたような気がします。
そして、改めて「リスクコミュニケーション」の難しさを感じました。結果が良ければ「そこまですることはなかったんじゃないか」と言われ、結果が悪ければ「状況判断が甘かった」と批判されます。様々な立場、考え方があり、時には情報が不足している中で、判断を迫られた時、批判されることを承知で、「ルビコン川を渡る」覚悟で better option を模索されてきたと言うことがよくわかりました。

自然、文化、そして不平等

自然、文化、そして不平等 -- 国際比較と歴史の視点から [ トマ・ピケティ ]」を読みました。

以前に読んだ同じ著者の「21世紀の資本 [ トマ・ピケティ ]」では、過去の膨大なデータを集めて解析し、将来を冷静に予測する、その質と量に圧倒された記憶があります。

なんてったって「21世紀の資本」は本文607ページ、注釈96ページの大著です。「自然、分化、、、、」は全部で100ページ程度。2022年3月の講演録です。本屋で見かけて「これなら軽く読めるだろう」と思って手に取りました。

結果として、内容は「軽く」はなかったけれど、大変興味深く読むことができました。

「人は平等」

言うのは簡単だけれども、平等であることは実は歴史のなかで決して当たり前のことではなかったことが示されます。

そもそも、「平等って一体どういうこと?」という問いに答えることすら難しいことがわかります。すぐにわかることとして、少なくとも、「平等=同じ」ではありません。だってみんな違うんだから。

本書によれば、現在、スウェーデンは世界で一番平等だと思われている国の一つだそうです。確かにそう言うイメージがあります。そして、スウェーデンには時代を超えた国家の特質として「生まれながらにして平等を好む文化があるという見方があるとのことです。

でもトマピケティが紐解く歴史によれば、長い間、ヨーロッパで最も不平等な国の一つであり、不平等な政治運営にかけても非常に巧みであったそうです。しかしそれが政権交代によって急速に様変わりしたとされます。社会における「不平等」とか「平等」というのは極めて流動的なもののようです。世界はどちらの方向に進んでいるのだろうか、ということが議論されていきます。

世界には、所得格差、資産格差、ジェンダー格差、さまざまな不平等があります。それぞれを検証していくと、全体として見れば、世界は平等に向かって歩みを進めているようです。それがデータから裏付けられるのでちょっと嬉しく思いました。

でも、筆者の主張は世界的な流れが平等に向かっている、と言うだけではないようです。

結論の最後に書かれていることが、まさに本当のメッセージだと改めて思いました。

『問題を他人に丸投げにしてはならない。経済や歴史の知識を共有することによって、より民主的な社会と、権力のよりよい配分をめざす運動の重要な一翼を担うことができるし、またそうしなければならない。』

本文を読むとこの文章が改めて深く納得できるような気がします。骨太の内容でもお気軽に読めて、その意味で講演録はいいね、と思いました。

個人的には、権利の平等を主張するあまりに均一性への同調圧力とならないように注意したいものだと思います。

ソーシャルジャスティス 小児精神科医、社会を診る

「ソーシャルジャスティス 小児精神科医、社会を診る (文春新書)」を読みました。
 帯には著者の肩書きが大きく書かれています。
「ハーバード大学准教授」
「脳科学者」
「3児の母」
そしてその下には「SNSの炎上、社会の分断への処方箋」と書かれています。本の表紙の写真もなかなかインパクトがあります。
 読み終わって、「意見をしっかり持って発信していくことを自然にすることができる、強いお人だ」と、思いました。
 本の中には参考になる話がたくさん出てきましたが、自分への「外的評価」と「内的評価」のバランスが大切である、という話が一番印象に残りました。
 アスリートはメダルや順位などの結果や、メディアからの評価など、外的評価を求められます。一方で、自分自身に対する内的評価は外的評価のみによって高まるものではありません。外的評価と内的評価のアンバランスに悩む若いアスリートがいるのだそうです。
 外的評価も大切だけれども、それによってブレることのない内的評価をしっかりと確立しておくことが大切なのだと思いました。
 普段から自分を磨く努力を続けていきたいと思います。

読書「奏鳴曲」

 北里柴三郎と森鴎外の二人がかすかに触れ合いながら、互いの道を歩んでいく。二人をライバルとみたてて紡ぎ出されるストーリー。
 とにかく熱い北里と、蝶のようにひらひらと華麗に舞うことを願う森。
 自分のなかでは、北里がベルリンに留学している13歳下の荒木寅三郎に贈った言葉が印象的で、自分の仕事への向き合い方について考えさせられた。
 曰く「世の中は行き詰まらぬ。行き詰まるのは本人に熱と誠がないからだ。熱と誠があれば何事も成就する。」
 熱と誠で頑張っていきたいと思う。
 そして、本書で描かれている医学的事項の中心は感染症。感染症との戦いは当時から存在していた。
 何しろ北里柴三郎は血清療法の可能性を世界で初めて示した人で、数々の業績から「日本の細菌学の父」とも称される。ここでは正しかったことだけでなく、失敗だったエピソードも描かれる。
 また、当時の感染症対策の失敗などは、現代のコロナ政策への批判のようにも感じられる。でも、まてよ、同じことを繰り返していると言う点で、殆ど進歩していないのかもしれない、と思った。人類の進歩なんて、大自然の力からすれば、ほとんど取るに足らない程度の「進歩」なのだろう。

読書「犬から見た世界 その目で耳で鼻で感じていること」

人と犬は長い間一緒に生活をしてきたおかげで、異なる二つの生物が一つのコミュニティ形成を実現した。それだけでも興味深い。その犬を題材としてさまざまなことが、詳細に、科学的に記述されていく。
彼らに社会性があることは疑いないが、彼らが見ている世界は、我々が見ている世界とは全く違うらしい。たとえば、犬の嗅覚は人の視覚に相当するくらい重要な感覚らしい、というのは興味深い。だからFacetimeで顔を映しても、リアルに感じられないんだね。
我が家のワンちゃんもそんなふうに感じてるのかもしれないのか、、、と思いながら読んだ。かなり歯応えのある一冊。

読書「最高の老後」

僕が留学していたニューヨークのMt. Sinai医科大学で臨床医として仕事をされている先生の書かれた本。
講演を聞かせていただく機会があって購入した。
さまざまなことが引用文献とともにわかりやすく解説されている。
コーヒーの健康へのポジティブな影響について書かれていたのが嬉しかった。
Coffee Drinkerなもので。
今、自分の日々のテーマとして重要なものにアンチエイジングがある。とても参考になった。

読書「「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた」

サクッと読めた。納得できるノウハウ本。ただ、これを読んだだけじゃぁ、書けるようにはならないだろうなぁ、、。やっぱり自分で書かないと。
でも、そもそも、自分の中に書くものがないとダメだろうなぁ、と改めて思った。

読書「人を選ぶ技術」

僕は怠け者なので、「自分は評価される側でいたい」とずっと思ってきた。そうじゃないと努力しなくなるから。でも、じゃぁ、人は何で自分を評価するのか、あまり考えたこともなかった。
だんだん歳をとってきて、人を評価しなくてはいけない瞬間を経験するようになってきた。全くもっておこがましい話だとは思うけれど、断るわけにもいかない。
人を評価して、選ぶということを専門とする人は、ヒトの何を、どのように評価するのだろうと思って読んだ。
単なる印象というレベルを超えて、理性的、客観的に評価するための技術がそこにはある、と改めて思った。

より以前の記事一覧