_

関連

無料ブログはココログ

« 「弱者の戦略」を思い出した | トップページ | 久々の男二人飯 »

弱者の戦略

弱者の戦略 (新潮選書) [ 稲垣栄洋 ]」を読みました。

 野生の世界、自然界は「弱肉強食」であると言われ、自然界では強いものが生き残ろイメージがあります。
 「食物連鎖」のピラミッドを見ると、より強いものが上位にあって、「強い」様に見えます。でも、ピラミッドの頂点に位置するはずのライオンをはじめとする動物たちは絶滅の危機に瀕していたりします。一匹一匹、各個体が「強い」かどうかと、種として成功できるか、ということは別のことである、ということはよく分かります。
 種の反映という見地からすれば、「弱者=敗者」ではありません。弱者でも成功者になりうることを本書は示しています。
 弱いように見える生き物たちも自然界では確かに生き残っています。ピラミッドに見られる通り、弱くても、ピラミッドの下に位置する「弱者」は、「強者」よりも圧倒的に多く生存していたりします。そして、本書では、後から考えれば理にかなった戦略がそこある様に見えるという、実例を数多く示されています。
 本書で書かれている通り、「生き物の世界は『歯を食いしばって頑張ればなんとかなる』といった甘い考えは通用しない」というのは多分真実で、本書では、多くの生物が、無謀な戦いを挑むことなく、巧妙な生き残り戦略をとっていることがわかります。
 そうなると、何が弱者なのかわからなくなります。少なくとも、ナンバーワンになれなくても、オンリーワンになれれば生き残る可能性が高くなりそうだ、と思いました。
漫画の名言
『ないものねだりしてるほどヒマじゃねえ
あるもんで最強の戦い方探ってくんだよ
一生な』
を思い出しました。

« 「弱者の戦略」を思い出した | トップページ | 久々の男二人飯 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「弱者の戦略」を思い出した | トップページ | 久々の男二人飯 »