_

関連

無料ブログはココログ

« 罰なき社会 | トップページ | 13歳からのアート思考 »

没後七十年

最近、没後七十年と、同じ年に逝去した二人の芸術家の回顧展を見にいきました。
南薫造
恵まれた環境、恵まれた才能、奢ることなく、溺れることなく、努力、勉強、研究を重ねた、そんな作品群のように感じました。「日本の印象派」と紹介されていましたが、風景画のなかにはキュビズム的な要素や、フォビズム的な色彩が取り入れられたりしているように感じるところや、ミレー、ゴッホの影響を感じるようなものもありました。あくまで浅い知識しかない、僕の印象です。多分、もっともっとたくさんのものが詰め込まれているのでしょう。詰め込まれているだけでなく、消化され、吸収され、昇華されているのだろうと思います。
また世界中を旅して描かれた風景画、スケッチには圧倒されます。ただぼうっと風景を眺めている自分とは全く異なる次元の旺盛な精神活動だと思いました。そしてその画風はあくまでおだやかで、作家の品性を感じられることができるものでした。
吉田博
自分のやりたいことを明確にイメージできていた人、そんな感じがしました。若い時からずっと見据えているものがあったように思いました。その空気感は、油彩画、水彩画、木版画と、手法は変われど、若い頃から凛として変わることはなかったように思います。
世界中を旅して風景画を残していますが、そのエネルギーにも驚かされます。時は、今から百年以上も前の1899年。文化的にも経済的にも、日本と欧米の違いはずっと大きかった時代です。海の向こうの情報も今から比べれば圧倒的に少なかったでしょう。その時代に、彼はいきなり私費で渡米して、自分の絵を売って金を稼ぎ、美術館で展覧会まで開いてしまいました。そんな伝説的と言ってもいいような経歴にも、絵を見ると、さもありなんと、すんなり納得してしまいます。
44歳から始めた木版画ではさらにその空気が研ぎ澄まされていったように思います。
西洋画を学んだ作家が浮世絵の技法を用いて、国内外の風景を木版画で制作するのです。浮世絵と近代絵画が融合して独自の世界がひらけます。当然ですが、若い頃からの空気感も一貫しています。
そこには、古さというよりは、漫画やアニメにも通じる現代性と普遍性があると思いました。
百年も前に世界を前にして、ひるむことなく、のびのびと才能を発揮したというだけでなく、たゆまぬ進歩を続けた人たちがいたことに感銘を受けました。

« 罰なき社会 | トップページ | 13歳からのアート思考 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 罰なき社会 | トップページ | 13歳からのアート思考 »