_

関連

無料ブログはココログ

« 新元号 あけましておめでとうございます。 | トップページ | 背中 »

そういうカメにわたしはなりたい

新元号になってもう半月以上が過ぎてしまった。本当にあっという間だ。

 

僕が生まれてから50年以上経つけれど、考えてみたらこれだってあっという間だった気がする。

 

50年ほど前、なんのことやら全然わからなかった。

 

40年くらい前、楽しいとか、ツライとかっていうことがなんとなくわかってきた気がする。

 

30年くらい前、大した努力をしなくても、自然に進歩できるような気がしていたような気がする。

 

25年くらい前、自然には進歩できない気がしてきた。でも、頑張る環境にさえ身を置いていれば、自然に進歩できるような気がしていた。

 

20年くらい前、自分の能力のなさを、改めて実感した。歩みがのろい。ウサギとカメに例えれば、自分はカメだなと。
ウサギにはなれそうもないなと。でも、努力を続けることだけはできそうな気がしていた。体力、粘り強さ、諦めの悪さには自信があった。

 

10年くらい前、地道な努力はまだできそうな気がしていた。ただ、時間が短く感じられるようになってきた。

 

そして今。

 

光陰矢の如し、を実感している。自分史上最速。そして毎年、日々、時間が短くなっているように思う。

 

自分は全然進歩していないのに、時間ばっかり過ぎていく。時間は確実に進んでいる。それを子供達の成長が実感させる。

 

加えて最近では、20年前と同様の体力勝負が続かなくなってきた。体力だけが取り柄のように思ってきたのに、これは痛い。

 

経験から学んでましになっているところもたくさんあるとは思う。(思いたい)けれど、どう考えても「成熟」という言葉からは程遠い。若々しさのない未熟さなんて最悪だ、と思うけど、そうなんだから仕方ない。

 

それでもまだ、自分に伸びしろがあると信じたい。何しろ「伸びて行く」というありがたい名前を親からいただいたのだ。

 

焦るわけではないが、やりたいことはいっぱいある(ような気がする)。最近では次の世代のことも考えるようになってきた。歳をとるというのはこういうことかもしれない。

 

人生100年時代というけれど、すでに生まれて半世紀以上が経ってしまった。これから半世紀生きることは難しいかもしれない。

 

このまま時の流れが加速するとなれば、残りの時間はあっという間だ。でも、できるだけ長い間、登り続けたいと思う。

 

僕はカメだ。

 

ウサギになりたいとは思わない。実際、なれないし。

 

ただ、ガッツのあるカメでありたい。

 

そういうカメにわたしはなりたい。

 

それならできる気がする。

« 新元号 あけましておめでとうございます。 | トップページ | 背中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新元号 あけましておめでとうございます。 | トップページ | 背中 »