_

関連

無料ブログはココログ

« 「サルファ剤、忘れられた奇跡」を読みました。 | トップページ | たがやす »

ピュア

その日、青年医師はラジオ波焼灼術の介助をしていました。

ラジオ波焼灼術というのは「がん」の治療です。体に針を刺し、がんを高熱で焼いて壊死させます。体の奥深くにまで針を入れますから、針先の位置には十分注意しなくてはなりません。刀ではありませんが、文字通りの真剣勝負です。

そんなさなか、彼の院内PHSがなりました。外線電話のようです。

「はい。」
「え?!」
「はぁ、、、だけど今、それどころじゃないんで。それはムリですね。」
「また後で連絡して下さい。」
「それじゃぁ、失礼します。宜しくお願いします。」

といったやり取りの末、彼は電話をきりました。少し驚いた様子だったので、周りは気になります。

「どうしたの?」

一緒に仕事をしていた上級医からの質問に彼はこう答えました。

「家に空き巣が入ったらしくて、警察からの電話だったんですけど、今それどころじゃないんで後にしてくれって断りました。大家さんがいるみたいなんで大丈夫です。」

みんなずっこけました。

「いや、あなた、それは「それどころ」ですよ。そりゃぁ。早く帰りなさいよ。 」

みんなにさんざんうながされ、ちょっと不満そうな表情を浮かべつつ、残りの仕事を同僚に託して、彼は帰宅の途についたのでした。翌日以降も、彼がそれまでと同じように働いていたのは言うまでもありません。
 
この話、ちょっと脚色していますが、実話です。

先日、学生さん、研修医の方々を勧誘する会がありました。彼らと話しながら、若者のピュアな一面を垣間みたような気がして、上記のエピソードを久々に思い出しました。

« 「サルファ剤、忘れられた奇跡」を読みました。 | トップページ | たがやす »

医学 医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピュア:

« 「サルファ剤、忘れられた奇跡」を読みました。 | トップページ | たがやす »