_

関連

無料ブログはココログ

« 先輩は有り難い | トップページ | 麻布中学「ドラえもん問題」 »

週末の関越道上りの渋滞を回避する試み

トンネルを抜けるとそこは渋滞していた。

湯沢へ週末に家族でスキーに行った帰りのことでした。

関越道の水上あたりから車間が徐々に狭まりスピードが落ち、月夜野あたりからは断続的に渋滞が始まり、ついには時速20kmのスピードのノロノロ運転となってしまいました。とても高速道路とはいえません。

高速道路情報によれば、現在地から渋川伊香保の先まで断続的に渋滞が続いていることが判明しました。
さらに、藤岡ジャンクションから鶴ヶ島の先まで 50kmの渋滞だそうです。

おまけに川越から三芳までおよそ8kmの渋滞がアナウンスされます。

とどめは所沢から練馬まで、およそ8kmの渋滞だとか。

周囲のクルマのナンバーを見ると「横浜」「品川」「練馬」「千葉」「川崎」、、、、みんな一緒に行くのね。南関東まで、、、。

どう考えても、これから数時間にわたり、この状況が改善するとは思えませんでした。サービスエリアはどこも大混雑が予想できます。夕食どうしようかねぇ、、、。

沼田インターチェンジまでたどりついた時点で18時30分。この先自宅まで、まだ200km近くの道のりを遺しています。

僕たちは高速道路を諦め、下道を行くこととしました。日曜の夜です。渋滞した高速道路より、地方の幹線道路の方がまだ流れていそうに思いませんか?

沼田インターチェンジから高速道路をおり、国道17号を走りました。道路は一車線。日曜の夜だというのに以外に多い交通量。

周りを見ると、やっぱり神奈川、東京、千葉方面のナンバーの車がちらほらと見られます。

僕たちだけじゃなかったのね。やっぱり。

多分、交通量は普段より大分多いのだろうし、この交通量を想定した道路ではないのでしょう。一応流れてはいるので渋滞というほどではありませんが、信号まちや、カーブ等を考慮に入れると渋滞のなかにいるのとどっこいどっこいのスピードのように思います。

なにより想定外だったのは一車線だったことです。右折車なんかが交差点でとまってしまうとそこを起点にプチ渋滞となってしまいます。

ある場所では、道路の左は川、右は崖の一本道。クルマのナビの迂回路検索ボタンを押してみますが、「迂回路は検索できませんでした」の無情の返事。当たり前ですが。

それでもクルマが普通に動いているだけまだましだ、と自分に言い聞かせ、最終的にはなんとか前橋までたどり着きました。

時刻は19時半になろうかというところ。みんなお腹がすいています。道路ぞいに見つけた丸亀製麺に入って夕食をとり、そこでiPhoneで情報収集し、対策を練ることにしました。

Twitterで見る限り、関越道の渋滞は本当に大変なようです。

「ヤバい」「マジかよ」「シャレにならん」「運転者がコワい」みたいなTweetであふれています。やはり、いったん渋滞に巻き込まれてしまうと、これという回避策は見いだせないようです。まぁそりゃそうです。

ただ、僕たちのいる前橋から藤岡ジャンクションあたりまでは渋滞していない事が明らかとなりました。上信越道との合流から先が大変な事になっているようです。でも、その間だけでも高速道路に乗れれば距離はかせげるし、ずっと下道よりはましな気がします。そこまで行く間に渋滞も改善するかもしれません。よし、行ってみよう。

でも油断は禁物。渋滞はこれ以上改善しないかもしれません。

そこでもう一案、大きく迂回することを考えました。前橋から高速道路に乗り、藤岡ジャンクションの手前、高崎ジャンクションで北関東道にのって東北道の方向に行くのです。そして東北道をつかって南下し、最終的には首都高速をつかって自宅の近くまで行こうという算段です。

この策にも問題が一点ありました。

東北道の上りも渋滞していたのです。ちょうど僕たちが使いたいあたりの、佐野藤岡インターチェンジから久喜インターチェンジの先まで。しかもこちらは事故渋滞のようです。自然渋滞はゆっくり動くけれど、事故渋滞は事故車両の撤去がすまないと本当に動かない事になってしまいます。

Googleマップを見ると、これをさらに迂回できそうな下道が!

北関東道と東北道が合流する手前、太田桐生インターチェンジで高速道路をおり、国道122号線、太田バイパスを使うとよさそうです。館林から先は東北道と平行するように走っています。渋滞が解消されなくても、122号線沿いに入り口のある白岡菖蒲インターチェンジから高速に乗れば、うまく渋滞を避ける事ができます。

あとは出たとこ勝負のつもりで前橋から再び高速道路に乗ることにしました。予想通り渋滞はありません。鶴ヶ島近辺の渋滞もちょっと短くなっています。それでもまだ40kmを超えています。

高速道路の渋滞の表示を見ると、練馬まで120分以上となっています。このとき既に20時30分。練馬で降りた後、自宅までの道のりを考えると自宅に着くのは12時近くになってしまいそうです。気が重いなぁ。

やっぱりここは東北道を使うでしょう。距離は長くなってしまうし、行ったことのない道ですからどうなるかわかりませんが、ダメでも納得できそうな気がします。

高崎ジャンクションから北関東道へ。こっちに行くクルマは少数です。スイスイ行けちゃいます。

いいねぇ。このままずっと行けちゃうか?

でも事故渋滞の長さはあまり変わっていませんでした。

大丈夫だもんね。そんなのお見通しだもんね。

てなわけで、僕たちは太田桐生インターチェンジで高速道路をおり、国道122号線、太田バイパスにのりました。

この122号線はとても良く整備されていて、運転もしやすいし、なかなか快適でした。

「群馬県の道路行政、素晴らしいねぇ。」

なんて、わかった風な、調子の言いことをいながら、Googleマップ上に素晴らしいものを見つけてしまいました。この太田バイパスとさらに平行して走っている東国文化歴史街道という道があるのです。

Googleマップで見ると、あえて太く表示されています。近くにAEONモールもあります。観光客を呼び込むために新しく整備した道に違いありません。さすがだね、群馬県!とワザワザそちらの方に行ってみました。

行ってみると、実際には一車線の旧道で、道は狭いし、街灯もあまり明るくありませんでした。歴史的な史跡がその周辺に散在しているのかもしれないけれど、真っ暗でよく分からず、ただの一車線のさみしい旧道を走っているのと変わりませんでした。知らない道で普段より慎重な運転になってしまいます。

調子に乗りすぎました。先を急ぐ身としてはこの失敗はいたい。

かといって、しばらく行けば先ほどのバイパスと合流するのもわかっていましたし、もどるのも悔しいです。途中にみつけたローソンにクルマを停め、眠眠打破とコーヒーを購入しました。そして、そのために寄り道したのだと自分を納得させ、気を取り直して再出発です。

そこに朗報が飛び込んできました!東北道の事故渋滞が解消されつつあることが判明したのです。事故処理が終わったのでしょう。

白岡菖蒲インターよりも手前の加須インターチェンジより高速道路に乗っても渋滞にぶつからないことがわかりました。

122号線と途中で左折して加須羽生バイパスを使えば、加須インターチェンジにいくことができます。加須から東北道に乗りました。

ここから先は一切渋滞なし!流れに乗って運転するのは快適です。三郷から首都高速にはいって無事帰宅。

帰宅できたのは23時10分程。想定よりも一時間近く帰宅することができました。

アタマも体も疲れましたが、こんなことができたのも情報革命によるテクノロジーの進歩と、助手席で情報収集しつつナビしてくれた妻のおかげです。

ありがたや、ありがたや。

« 先輩は有り難い | トップページ | 麻布中学「ドラえもん問題」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週末の関越道上りの渋滞を回避する試み:

« 先輩は有り難い | トップページ | 麻布中学「ドラえもん問題」 »