_

関連

無料ブログはココログ

« 「失敗は予測できる」っていうけど、全部は予測してらんないでしょ。 | トップページ | 知らず知らずのうちに同じ行動 »

速い事はいい事ですが、遅い事も悪くはないと思うのです。

 スローライフ礼讃の話ではありません。昨今は物事を一面的に評価しすぎる傾向があるように思う、そういう話です。

 例えば、最近の現代生活において、スピードがひとつの評価基準となっています。ビジネスにおいて、短時間で成果をあげられるものが高い評価を得ます。それを繰り返す事によってさらに高い成果を得ることができるようになります。

 いかに無駄を少なくするか、というビジネス書は書店に山と積まれています。

 通常、成果を積み上げていくような話はそれですんでしまうように思います。でも、そのような積み上げ型の価値観が全てではないと思います。

 先日亡くなった森毅氏の「まちがったっていいじゃないか (ちくま文庫) 」に頭の悪いことで有名な数学者の話が出ていました。

 その数学者は、世界最先端の話をすると、どうにもついて来れないのですが、1年もするとその分野を最も深く理解している人になってしまうのだということでした。

 「深める」とか「熟成させる」といった価値観の中では、時間というのが絶対的に必要はファクターなのです。

 スピードに憧れすぎて、多くの人が器用貧乏に憧れているように見える時があります。すぐに役立つものの中には、短時間のうちに役立たなくなるものも含まれます。

 そんな事を思ってみると、現代において良いとされている性質に対して、アンチテーゼとして逆の特性の価値を考えてみる必要がある気がします。

 「速い」に対する「遅い」のほか、「強い」に対する「弱い」なんていうのもそうでしょう。

 「弱さ」に同居する「繊細さ」を我々日本人は昔から知っていたのではなかったか、と思います。

 自分の日々の生活を振り返ると、はかない美しさを愛でる余裕がなくなってきたように感じます。とは言っても、凡人の僕には、「よわくたっていいじゃないか」と森氏の様に言うことはできないのですが。

 それから、「賢い」に対する「愚か」なんていうのはどうでしょうか。

 世の中の動きに合わせ、賢く立ち回ろう、得をしよう、勝ち馬にのろうとする人たちが多いように思います。そういった行動は時として浅ましく感じてしまう事さえあります。勝ち馬にのろうとする人たちにとって、「清貧」なんて言葉はあまり魅力を持たないのでしょうね。

 そんな時代だからこそ、愚直にまっすぐに、カメのようにゆっくりでもいいから着実に進むことに価値があると思うのです。むずかしいですけど。

« 「失敗は予測できる」っていうけど、全部は予測してらんないでしょ。 | トップページ | 知らず知らずのうちに同じ行動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速い事はいい事ですが、遅い事も悪くはないと思うのです。:

« 「失敗は予測できる」っていうけど、全部は予測してらんないでしょ。 | トップページ | 知らず知らずのうちに同じ行動 »