_

関連

無料ブログはココログ

« テキサスの次はアンガスを食べたい | トップページ | iPhoneでスケジュール管理 海外で困ってしまった »

成田での国内国際線乗り継ぎ

先日のマイアミ出張で同行した方から貴重な情報をいただきました。

ニューヨークから帰国する時、成田乗り継ぎでセントレア(中部国際空港)から入国する場合、ニューヨークでも成田でも、お酒を免税店で購入する事が出来ないようです。成田では入国前ですが他の免税品購入もできないそうです。

他の国際線国内乗り継ぎも、成田空港では同様かもしれません。

免税品を買えるのは、機内持ち込み手荷物の(あの厳重な) 検査を終えてからです。この検査で100ml以上の液体は没収されてしまいます。

検査後に購入した酒を含む免税品は手荷物として機内に持ち込む事ができます。

ただ、成田で乗り継ぎの場合、次の飛行機に搭乗する前にもう一度持ち込み手荷物の検査を受けますので、そこで没収、という事になってしまうようです。

成田で機内持ち込み手荷物検査を受けた後、(まだ入国手続きをしていませんから)他の国際線と同様に免税店に行くことはできます。でも、国内乗り継ぎ便の利用客は、成田空港で免税品の購入はいっさい出来ないそうです。

と言うわけで、今回の僕の知り合いの方のように、ニューヨーク→成田→セントレアという経路で帰国する場合、ニューヨークの免税店購入したお酒は成田で没収されます。成田では免税品を購入することができません。

少なくともお酒に関してはニューヨークでスーツケースに入れて預けられる状況でないといけない事になります。

この事は、ニューヨークのJ. F. ケネディ空港のグラウンド・ホステス(GH)の方も、JALのキャビンアテンダント(CA)の方も知らなかったようです。

現状で、
『ニューヨークから帰国する時、成田乗り継ぎでセントレアから入国する場合、ニューヨークでも成田でも、お酒を免税店で購入する事が出来ない』
という不便を経験している人は多いと思うのですが、あまり知られていないようです。

(未確認情報ですが、関空で乗り継ぎの場合には免税品の購入は可能だという事も聞きました。空港によって対応が違う、と言う事なのでしょうか、、、。)

以前、学会でプラハに行った時、プラハ→シャルル・ド・ゴール→成田という経路で帰国した事がありました。この時、僕はプラハの免税店でお酒を買いました。

プラハ空港では、免税店で購入した事を証明するため、酒を包むビニール袋の口を厳重に封されました。シャルル・ド・ゴールでは、これが開いていない限り手荷物検査を通過する事が出来る事になっていました。

僕の場合、封が開いてしまったので、大変な思いをしましたが、、、。(その時の記事はこちら。)

国際線乗り継ぎなんて普通にある事なのだから、せめて免税店で購入した酒くらい、中継地点の手荷物検査を通過できるよう、システムを(国際的に)整理していただきたいし、まだ入国していないのですから、国内の国際線乗り継ぎで成田でも免税品を買えるようにしていただきたいものだと思います。

« テキサスの次はアンガスを食べたい | トップページ | iPhoneでスケジュール管理 海外で困ってしまった »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田での国内国際線乗り継ぎ:

« テキサスの次はアンガスを食べたい | トップページ | iPhoneでスケジュール管理 海外で困ってしまった »