_

関連

無料ブログはココログ

« 幕末維新を「本当に」動かした10人 | トップページ | ロストバゲージの顛末 »

ロストバゲージ

出張でマイアミにきました。

基本的には安全に滞りなく到着したのですが、スーツケースが届きませんでした。途中まではあったはずなんですが。

今回はシカゴ経由でマイアミまで着ました。シカゴで入国審査を受ける時、一度荷物を受け取って、スーツケースを再チェックインします。

シカゴでは普通にターンテーブルから出てきたのです。そして同じ乗り継ぎ便の人達と一緒に再チェックインしたのに、僕の荷物だけどこかに行ってしまいました。

どうやったらそんなこと事が可能なのか、、、。

恐らくどこかに置き去りにされているのだろうと想像しています。マイアミ空港にも同様に置き去りにされているとおぼしき持ち主不明の荷物が沢山置いてありました。置き去りにされた荷物たちは業務終了後に確認されるらしく、夜20時をすぎても(到着はたしか16時半くらい)僕の荷物はどこにあるかわからないということでした。

また、同じ便でマイアミに到着した人達で荷物が届いていない人が他にもいたようです。でもみんなあんまり怒ってないんですね。のんびり待っているように見えました。他にも経験した人の話はよく聞きますし、改めて lost baggage は時々あるのだなぁ、と実感します。

僕も2回目の経験ですが、一晩届かなかったのは初めてです。

さらには、米国では24時間以内に持ち主のところへ届けば航空会社に責はないことになるのだそうで、飛行機会社の人達も落ち着いたものです。

そんな事をいくら考えていても、とりあえず、着替えもないし、歯ブラシもないし、やっぱり困るんだけど、、、。

幸いにして海外旅行保険で25000円くらいまでは補償されそうなので、ワイシャツと下着、靴下、歯ブラシを購入し、急場をしのぐこととしました。

今度は僕の方で請求のための必要書類を lost しないように気をつけなくてはいけません。

最近あまり海外旅行保険、入っていませんでしたが、入っておいた方がいいのですね。実感しました。

あぁ、願わくば 早く荷物の到着せん事を!!

« 幕末維新を「本当に」動かした10人 | トップページ | ロストバゲージの顛末 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロストバゲージ:

« 幕末維新を「本当に」動かした10人 | トップページ | ロストバゲージの顛末 »