_

関連

無料ブログはココログ

« 医系小論文テーマ 10-b 倫理審査委員会の重要性 | トップページ | グールドとの対話 »

オーバーカロリーの補正

 ダイエットをするからには摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスはマイナスに保たねばなりません。けれど、食べたいものを食べられない、というストレスを自分に与え続けることは、後のリバウンドにつながりかねません。
 
 ですので僕は週に1~2回は食べたいものを食べたいだけ食べてもいいことにしています。
 食べ過ぎた日があっても食べ過ぎた分を数日かけて補正することが出来れば体重コントロールは可能だと思うからです。
 
 ただそれには「食べ過ぎ」の度合いについて条件があります。
 
 かつての僕は「カツ丼サンド」と称して、上野のソバ屋で「カツ丼+ざるソバ+カツ丼」という食事をしていたことがあります。コンビニエンスストアで弁当を買ったら箸が3膳ついてきたこともあります。
 
 そのころの僕は今よりも18キロくらい太っていました。どんなに食べても、「胃がもたれる」という言葉の意味がよくわかりませんでした。今から考えるととんでもない胃拡張状態です。
 
 そこまで食べ過ぎると、食べ過ぎる習慣みたいなものが出来てしまい補正不能だと思います。
 
 今、40歳を過ぎ、その様な食事はさすがに全くできません。胃もちゃんと「もたれる」ようになりました。
 
 ですから、今の僕は、食べ過ぎたと感じるほど食べても、3食分食べることはできません。せいぜい2食分程度だと思います。
 
 一食あたりの摂取カロリーは全て等しいと単純化して考えれば、これは一週間21食の摂取カロリーの約5パーセントにあたります。
 
 その程度のカロリーオーバーであれば、週に2回程度カロリーオーバーとなる日があっても、他の全ての摂取カロリーを一割程度減らせば帳尻が合うはずです。
 
 その意識を持ちつつソイジョイ+牛乳ランチを実行することでカロリーバランスはマイナスに傾くだろう、というのが僕の現在のダイエット法です。
 
 先週は明らかなカロリーオーバーとなった食事は3回ほどありました。。
 
 けれどもソイジョイ+牛乳のランチ一回、まんじゅう+牛乳のランチ一回、他の食事も食べ過ぎないよう、少なめに食べることでなんとかカロリーバランスをマイナスに保てたと思います。
 
 今週末の体重は先週からマイナス700グラムでは69.9キロとなりました。
 
 自分の腹肉意識からすると、まだ減る余地はあると思うのでもうちょっと頑張りたいです。

« 医系小論文テーマ 10-b 倫理審査委員会の重要性 | トップページ | グールドとの対話 »

ダイエット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーバーカロリーの補正:

« 医系小論文テーマ 10-b 倫理審査委員会の重要性 | トップページ | グールドとの対話 »