_

関連

無料ブログはココログ

« iPhoneに乗り換え | トップページ | 医系小論文テーマ 10-a 社会的合意をどう形成するのか »

He is going to Vancouver!

 第21回オリンピック冬季競技大会(バンクーバー・オリンピック)についての報道が熱さをましてきておりますが、、、。

 Very Many Congratulations!!

 プロスノーボーダーのクリス・クルーグ選手が米国代表に選ばれました。

 彼にとっては長野、Salt Lake City以来、3度目のオリンピックになります。

 種目はパラレル・ジャイアント・スラローム (PGS) です。

 スノーボードというとハーフパイプの派手なジャンプなどの印象が強いですが、この競技はスピード勝負です。

 またスノーボードクロスとも違い、アルペンスキーに近い感じです。

 PGSは青と赤の2つのコースを二人で1回ずつ同時に滑り、2本のタイムの合計で勝敗を決します。そして予選の後はトーナメント方式で決勝が行われ、1回ごとの勝ち残りとなります。

 左右のコースには斜面の状況などによって、一本ごとに駆け引きがあります。

 彼はここ数年、以前に比べて表彰台に登る事が少なかったのですが、今シーズンは調子が良いようです。(彼のコメントはいつでも絶好調の時のそれですが。)

 かれのオリンピックへの思いには特別なものがあると思います。それを常に口にしながら実現していくあたりがアメリカっぽいですね。

 また、日本からは野藤優貴選手が代表に選ばれました。

 Go for it! みんながんばれ!

奇蹟が僕に舞い降りた―肝移植患者からメダリストとなったスノーボーダーの物語 Book 奇蹟が僕に舞い降りた―肝移植患者からメダリストとなったスノーボーダーの物語

著者:クリス クルーグ,スティーブ ジャクソン
販売元:合同出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« iPhoneに乗り換え | トップページ | 医系小論文テーマ 10-a 社会的合意をどう形成するのか »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: He is going to Vancouver!:

« iPhoneに乗り換え | トップページ | 医系小論文テーマ 10-a 社会的合意をどう形成するのか »