_

関連

無料ブログはココログ

« エールフランスの機内食1 | トップページ | 機内食3 自信がもてそうなアメリカの料理 »

機内食2 自信のないアメリカ

アメリカの飛行機会社の機内食はそれに比べるとあまり特徴がない様な気がします。ビーフとチキンがありますが、メニューが記憶に残りません。どうせならハンバーガーとかにしちゃっても良いのに。僕ハンバーガー好きだし。

でも米国の飛行機会社の機内食にハンバーガーが出てこないのは、「機内食の特殊性」が理由でなければ、理由は「アメリカの自信のなさ」のような気がしちゃったりします。

以前、米国人の友人何人かに「一番典型的なアメリカ料理ってなに?」と質問したときの事です。一番多かった第一声は「マクドナルドじゃないからね。」というものでした。

「マクドナルド」ではないとしても、ハンバーガーは典型的アメリカ料理の一つと言ってよいでしょう。これにでっかいピクルス、フライドポテトやマッシュポテトをそえて、ビールやアップルサイダーをつけると、僕的には凄くアメリカ的な感じがするのですが。自家製のアップルサイダーなんてかなり美味しかったです。

ハンバーガーの機内食、メタボな食事になってしまってだめかしらん?

« エールフランスの機内食1 | トップページ | 機内食3 自信がもてそうなアメリカの料理 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

機内食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機内食2 自信のないアメリカ:

« エールフランスの機内食1 | トップページ | 機内食3 自信がもてそうなアメリカの料理 »