_

関連

無料ブログはココログ

« プラハの写真 | トップページ | 帰りのトラブル2 »

帰りのトラブル1

帰りこそはトラブルなしで帰ってこようと、朝余裕を持って2時間半前にプラハ空港に到着。時間に余裕があったので、経由地のシャルル・ド・ゴール空港でやるようにと言われた免税品申告の手続きをやってしまう事に。税関の場所を探すのに手間取り、セキュリティチェックを余分に受けるはめになりましたが、なんとか手続き終了。それでもまだ1時間近く時間があったので、お土産を買う時間もありました。

色々物色して、ワイン2本、ウイスキー1本、缶詰のプラハハム(自分用)などを買い、チェコの通貨コルナをほぼ使い切りました。

そして飛行機に搭乗し、一路シャルル・ド・ゴール空港へ。

順調順調。と思っていたのもここまで。どうも今回はパリとの相性が良くなかったようです。

シャルル・ド・ゴール空港で乗り継ぎの為、再びセキュリティチェックを受けました。

現在、テロ対策のため、基本的に飛行機への液体物の持ち込みは禁止されています。空港で購入した免税品のお土産などは、購入時にビニール袋で包まれて開かないように封をされます。

ところが、、、、!

僕が買ったワインとウイスキーの封がパリに着いたら開いてしまっていたのです。僕は特に触った訳でもないし、「えぇぇぇっ!!!!」ていう顔をしたら、最初の何人かの人は「しょうがないよね」っていう感じで通してくれました。けれども、最後の最後に来て、キビシい人にあたってしまいました。「このボトルをもって飛行機には乗れないから置いていけ」と言うのです。

おまけに荷物は全部あけさせられ、ハムの缶詰も規制されているからダメだとか言われるし、でもハムもお酒もあきらめきれないし、、、。離陸まであと45分しかありません。

« プラハの写真 | トップページ | 帰りのトラブル2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰りのトラブル1:

« プラハの写真 | トップページ | 帰りのトラブル2 »