_

関連

無料ブログはココログ

« 残念 | トップページ | これは便利? MixiDock »

positive thinking

 昨日、クリス・クルーグ選手と話をしました。

 予選の最初の滑走でコースから飛び出ちゃって、殆どレースにもならなかったそうです。要するに予選落ちですね。残念。

 彼は、気候、コンディション、コースいずれも大変厳しい状況だったと言い訳をしながら、「残念だったよ。ベストをつくしたんだけどね!」と陽気に語っていました。

 明るさだけは相変わらずで、安心しました。そして今から3年後のオリンピックに出たいとも言っていました。

 以前にニューヨークで彼に会った時には、絶対トリノオリンピックで金メダルをとるんだ、と言っていました。結果的にはオリンピックに出られませんでしたが。それに比べると今は控えめですが、2年先にはまたメダルを口にするようになるのでしょうね。こういった事を軽々と口に出すあたりが米国人らしいと思います。そして、ちょっと羨ましくもあります。

 僕は、希望を持つ事、隠さない事、結果を恐れず一歩前に出るのをためらわない事が、アメリカ的なpositive thinkingだと思っています。ただ、本人がそれを心がけるだけでなく、周りにそれを推奨する雰囲気がある事にも、文化的な違いがあるのだろうと感じます。だからこそ、彼らは失敗を恐れず前へ進む事が出来る様な気がします。

 

« 残念 | トップページ | これは便利? MixiDock »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: positive thinking:

« 残念 | トップページ | これは便利? MixiDock »