_

関連

無料ブログはココログ

« ヒーローは強くないと | トップページ | 日米医療の違い2 »

日米医療の違い1

 たいそうなお題をつけましたが、まぁ、単なる個人的体験談とその感想です。

 米国で医療を受ける側として大きなとまどいを感じたのは米国で健康保険に入るときでした。最初は訳が分からずチンプンカンプンでした。要するに、健康保険を生命保険とかを選ぶみたいに内容を吟味して選ばないといけないのです。それにより毎月支払うお金も受けられる医療サービスの携帯も若干異なります。

 大学と提携している健康保険会社が二つ程あって、まずはそれを比べてどちらかを選ばなくてはなりません。その次にそれぞれの保険に3通り程のプランがあってそれを選ぶのですね。

 これは毎年更新するものなので、翌年には別のプランを選択する事も可能です。眼科や歯科は2年目からとか、ちょっとずつ選択できるオプションが毎年増えたりしていました。

 懇切丁寧に説明してもらえる訳でもありません。米国で「懇切丁寧な説明」を聞いた事があまりないので、文化的な側面と、僕の英語力の問題もあるかとは思いますが、当然のシステムとして成立しているからかもしれないと思いました。

« ヒーローは強くないと | トップページ | 日米医療の違い2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日米医療の違い1:

« ヒーローは強くないと | トップページ | 日米医療の違い2 »