_

関連

無料ブログはココログ

« 素人的比較どんぶり学考10 | トップページ | 素人的比較どんぶり学考12 »

素人的比較どんぶり学考11

 海鮮級のトップバッターは、その名の通りの海鮮丼から行きましょう。

 海鮮丼の良い所はそのスケール感です。松尾芭蕉にあやかって「丼にのって夢は海中駆け巡る」と一句詠みたくなるようなこの世界感。すばらしい。

 そして時には卵や納豆やオクラや醤油の力も借りて具材を全部ひとまとめにする(ぐちゃぐちゃに混ぜるという事ですが)とまた別格の混沌とした味わいが出てきます。混ぜる人と混ぜない人と、流派の違いがあるようですが、僕は「混ぜる流」の海鮮丼が大好物です。この「全ぶり」感が海鮮丼の醍醐味だと思います。

 流派は違えど、ツユ級の天丼に通ずる日本らしさがこのどんぶりにはあると思います。

« 素人的比較どんぶり学考10 | トップページ | 素人的比較どんぶり学考12 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素人的比較どんぶり学考11:

« 素人的比較どんぶり学考10 | トップページ | 素人的比較どんぶり学考12 »