2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

_

リスト

  • これまでに紹介した本や雑貨
  • Related

リンク

大好き

  • 翻訳しちゃいました

関連

無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

学会後男二人飯

  学会後、同僚と別れて男二人飯。学会前後の男飯は心に残ることが多い。かつての知己とじっくり話をするからだと思う。今回、食事を共にしていただいたのは 先輩。共に同じ病院で研修医として同じ釜の飯を食べた兄弟子。でも、不遜を承知であえて言わせていただけば、心の戦友である。

 二人で会って話をするのは数年ぶり。5年くらいは経っているだろう。前回のとき、兄弟子は大きく飛躍した。それをお祝いしたのだけれど、この5年の間、兄弟子はさらに大きく飛躍した。僕は亀のようにゆっくり歩いている。兄弟子にも引っ張ってもらっている。未だに。

  振り返ってみれば出会ってから四半世紀になる。当時は二人とも研修医だった。共に過ごしたのは今から考えれば一年半ほどだったと思う。そんなに長くない。 でも、とても充実していたし、もっともっと長かったような気がする。話していると当時のことがフラッシュバックする。話題にならなかった思い出もたくさん ある。恐らくそれは兄弟子も同じであっただろう。

  僕たちが学んだ病院は地方の基幹病院だった。朝から晩まで仕事に追われて生活した。勉強嫌いだった僕を触発してくれたのは、兄弟子と僕たちの指導医の先生 方だった。みんな学術的な意識が高かった。インターネットなんて言葉も存在しない時代から、指導医の先生(師匠)はnature, science, Gastroenterology, Hepatology, Radiology, annals of internal medicineなどを全て自費で購入し、いつも持ち歩いていた。置き去りになったそれらの学術雑誌を見て、師匠が先ほどまでそこに確かにいたことを僕たちは知るのだった。大学病院でもない、一般の病院の先生で、そんな人、今で見たことがない。いや、大学にだってそうはいないだろう。兄弟子も当時から異彩を放っていた。抄読会でフランス語の論文を紹介したのは兄弟子以外に見たことがない。

  本当に自由な雰囲気だった。あの頃は楽しかった。サッカーもやったし、飲み会もした。今から考えれば大変恵まれた環境だった。その後は互いにまったく違う 道を歩んできた。兄弟子は僕とは全く違う畑で、いろいろな困難を乗り越えビッグになった。参考になる話をたくさん聞かせてもらった。

 せっかくなので、備忘録的に印象に残った話を記しておこうと思う。
  一つ目は、過去のキャリアを次に生かすこと。過去の経験が将来どんな形で生きるのか、それはその時にならなければわからない。でも、兄弟子の話を聞いてい て、それはどうも受動的なものではないように感じた。過去の経験が「生きる」のではなく、意地でも「生かす」という必死さがそこにあるような気がした。

 二つ目は目標に直結しない努力が、目標を達成する時には大きな力となりえる、ということ。裾野を広くする努力は地味だし、目標を見失いがちだけど、大切なのだと感じた。

 三つ目は物事は始まる前から結論が出ていることがあるということ。情報と事前の準備が大切だ。漫然と前を向いていても、目標が達成できるとは限らない。結果を出すことに真剣に向き合う姿勢だけでなく、そのための戦略を真面目に考える必要があると思った。

 みんな当たり前のような話だけれど、兄弟子に言われてストンと心に落ちたような気がする。

 そして最後に、「他人を信じなさい。それ以上に自分を信じなさい。」という言葉をいただいた。自分を信じて、もうちょっと頑張ってみようと思う。

 力をいただいた夜だった。

サクラサク 2

 長女の中学受験が終わりました。

 僕は、入試が始まってから発表が終わるまでの数日間、心配で仕事に手がつかない感じでした。この点、子供の方が度胸が据わってましたね。間違いなく。3年ほど前に長男の中学受験がありました。この時は家族みんなが納得する結果で終わりました。だからだと思います。今回の受験準備を始めるときには「経験者」であるように感じていました。

 僕には「中学受験はこうやれば上手く行く」みたいなものが見えているような気がしていました。でもそれは、全くの間違いでした。受験勉強が本格化する前には偉そうなことを言っていたわりに、気づいたときには自分が何をして応援したら良いのかわからなくなっていました。改めて考えてみれば、前回だって頑張ったのは息子で、僕の実質的貢献はほとんどなかったはずです。なのに、結果だけ見て、いつの間にか自分の手柄であったかのように思い、大きく貢献できそうに勘違いしていたみたいです。

 もし何らかのサポートができたとしても、長男の時と同じはずはありません。兄妹とは言っても、当然ながら別の人格ですものね。全てが違って当然のはずです。そんなことにもあらかじめ気付いていなかったなんて、慢心していたとしか言いようがありません。

 今回、受験期間中に不安が大きかったのはそのためだったのだと思います。

 ただ、しばらくたつと、今回の経験も自分の手柄として、都合の良いように記憶を変容させてしまうのかもしれません。今度はそうならないよう、よく反省して心に留めておきたいと思います。

 それにしても、今回、娘はよく頑張りました。4月からは新しい学校にお世話になります。たくさんの友達と出会って、良い経験をしてたくさんもらいたいと思います。 

 僕の方は、これで昨年8月から願かけで続けていた禁酒の解禁です。父親の禁酒なんて、娘にとっては迷惑なだけだったかもしれません。ほとんど僕の自己満足にすぎません。でも、それくらいしか僕にできることはなかったのです。

 (親バカであることを認識しつつ、)子供のたくましさを感じた良い経験でした。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »