2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

_

リスト

  • これまでに紹介した本や雑貨
  • Related

リンク

大好き

  • 翻訳しちゃいました

関連

無料ブログはココログ

« 学会出張 帰りの機内食 JAL003便 ニューヨーク→成田 | トップページ | 科学革命の構造 »

P=p-i

第109回医師国家試験まであと80日余りとなり、僕が担当している6年生たちと昼食会をしてこんな話をしました。

より良い結果を得るためにどうしたらよいかを考えるとき、「P=p-i(Performance = potential-interference)」という方程式について考えることが助けになるといいます。この式はTimothy Gallweyの著書”The inner game of work”で紹介されているそうです。

簡単に言ってしまえば、テストや試合の成績(Performance)は、本人の持つ潜在能力(potential)のみで決まるのではなく、 潜在能力をフルに発揮する事を阻む障害(interference)すなわち、不安や焦りやあがりが邪魔をするので、潜在能力から、その障害の大きさを差し引いた結果が、テストや試合の成績となるというものです。

まずは自らのpotential評価し、それを高める努力を行うと同時に、目標となるperformanceを設定する。さらにはperformance 実現を阻むものを列挙し、排除する努力を行う、これにより高い確率で目標を達成できる。そういうロジックです。

でもそれ以外に、潜在能力を引き出す力、というものがあるように思います。『120%の力が引き出された、、、』なんていう言い方をすることも あります。そう言ったものもまで含めてpotentialというのなら、自らの能力評価を低く見積もることも、”interference”要因の一つだ ということになります。

そりゃぁ、絶対無理な領域があるのは当たり前です。でも、そんなことではなく、本当はもうちょっとできるかもしれないのに、自分でムリと決めてしまっているとすれば、もったいないと思いませんか?

こんな時、僕の頭にいつも浮かんでくるのは、スーパーマンで有名なクリストファー・リーブ氏の言葉です。

I refuse to allow a disability to determine how I live my life. I don't mean to be reckless, but setting a goal that seems a bit daunting actually is very helpful toward recovery.
-Christopher Reeve
拙訳
「私は体の麻痺を理由に自分の生き方を決めないようにしています。無謀になっていると言っているわけではありません。しかし実際にちょっと怖いと感じるような所にゴールを設定する事は良くなる為に大変助けになるのです。」

彼は落馬事故により首から下が全くの不随となった状態から、再び歩けるようになるのではと思わせるほどの奇跡的な回復をみせ、これまでの常識を覆して脊髄損傷を始めとする様々な病気に対する医療の新たな可能性を身を以て示したと言われています。

僕は目標を設定するときに限界線を引かないことが大切なのだと思います。たとえ限界線を引いたとしても、目標はその先に据えるべきだと思うのです。

まずは目標を見定め、そこへのストラテジーを構築し、その後は猪突猛進。目標に向かって無我夢中になれたとき、全ての制約が全て外れて、高いperformanceが引き出されるように思います。

肝移植後にオリンピックに出場し、銀メダルを獲得したスノーボーダーのChris Klug氏のお父さんは、パラレルジャイアントスラロームの試合前、彼にこう言っていたそうです。

Plan your race, and race your plan.
拙訳
「レースの計画をたてるんだ。そして、(相手ではなく)その計画とレースをするんだ。」

パラレルジャイアントスラロームは二人の競技者が二本の斜面を交代で1回ずつ滑走し、タイムの合計で勝負を競います。二本のタイムを揃えねばな らないので、相手の様子が気になるとミスを犯しやすくなります。Chrisのお父さんは、競技の中でレースを立案し、一旦計画が立案されたら、相手を見ながらではなく、計画通りにレースを実行することに集中しろと説きました。

周囲のことに気がそがれるとどうしても集中できなくなります。時間が限られているだけで浮き足立ってしまうこともあるでしょう。それでは「P=p-i」の「i」を、ただ大きくしてしまい、P (performance) を下げてしまうだけです。

残された時間でちょっと高めに目標を設定し、あとはやり尽くすだけです。

後悔の残らないような過ごし方をして、それぞれに満足できる結果を勝ち取っていただきたいと思います。

« 学会出張 帰りの機内食 JAL003便 ニューヨーク→成田 | トップページ | 科学革命の構造 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

クリスのお父さんの言葉感心しました。そんな助言の出来る親にしてメダリストがうまれたのでしょう。何かをなさうとするとき、身にしむような言葉は、ありがたいです。受験生に良くわかるように声がけしてあげてください。

ぐらんちゃん
コメントありがとうございます。
彼らが良い結果を得られることを願っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154402/58019101

この記事へのトラックバック一覧です: P=p-i:

« 学会出張 帰りの機内食 JAL003便 ニューヨーク→成田 | トップページ | 科学革命の構造 »